page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
5/17 SQL授業内容
=>\d ⇒今あるテーブル一覧を表示
=>\d テーブル名⇒指定したテーブルの中身を表示

markdb=> select * from subjecttb,examtb where subjecttb.subno=examtb.subno;
をmarkdb=> select * from subjecttb x,examtb y where x.subno=y.subno;と短縮可能

select count(*) as nin from studenttb;
as ~~で列に名前をつけることができる。

select * from (select stno,stname from studenttb where stno>104) as foo;
表にも名前をつけることができる

select examno,examdate+365 from examtb;
日付の計算ができる

グループに分けて集計関数を使用
select stno,avg(mark) from marktb group by stno;
stno毎に平均を出すことができる。   ↑
↑集計のためのキーとなる列→→→→→→→→→↑

グループに分けて集計関数を使用し、出てきたものに対しての条件検索
select examno,count(*) from marktb group by examno having count(*)>=3;
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© EYES ON ME. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。