page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
SQL 表への操作
権限の与え方
grant select on studenttb to TCXxxxxx
------insert-----------------グループ名
------update-----------------public←全員
------delete
------all←全部の権限

権限の剥奪
revoke select on studenttb from TCXxxxxx

列の追加
alter table テーブル名 add column 列名;
           
列名の変更
alter table テーブル名 rename column 列名 to 新しい列名

表名を変更
alter table テーブル名 rename to 新しい表名

列の削除
alter table テーブル名 drop column 列名

ドメイン制約を追加
alter table テーブル名 add constraint 列名 check(member_name='koba')

ドメイン制約の削除(制約に名前がついてないものは削除できない)
alter table テーブル名 drop constraint 列名

not null制約を追加
alter table テーブル名 alter 列名 set not null
スポンサーサイト
page top
SQL 表の作成
◎表の作成
create table テーブル名(列名 データ形 制約)
列が一杯ある場合は、コンマで区切って追加していく。

★データ型の種類
int-----整数
date-----日付型
char(n)----テキスト型

★制約の種類
not null----ナル(空白)の入力を防ぐ
primary key----値の重複を防ぐ
check(条件式)----指定された条件を満たす値しか入力できない
references テーブル名(列名)
page top
5/17 SQL授業内容
=>\d ⇒今あるテーブル一覧を表示
=>\d テーブル名⇒指定したテーブルの中身を表示

markdb=> select * from subjecttb,examtb where subjecttb.subno=examtb.subno;
をmarkdb=> select * from subjecttb x,examtb y where x.subno=y.subno;と短縮可能

select count(*) as nin from studenttb;
as ~~で列に名前をつけることができる。

select * from (select stno,stname from studenttb where stno>104) as foo;
表にも名前をつけることができる

select examno,examdate+365 from examtb;
日付の計算ができる

グループに分けて集計関数を使用
select stno,avg(mark) from marktb group by stno;
stno毎に平均を出すことができる。   ↑
↑集計のためのキーとなる列→→→→→→→→→↑

グループに分けて集計関数を使用し、出てきたものに対しての条件検索
select examno,count(*) from marktb group by examno having count(*)>=3;
page top
SQL GW前までの内容2
☆表の結合
2つの表において、同じ項目がある場合は関連着けをして検索する事ができる。

例 select * from marktb,studenttb where marktb.stno=studenttb.stno;

fromの後は使う表の名前をコンマで区切り、結合する時は表名と列名の間にピリオドを入れる

☆Like条件
曖昧な検索、任意文字の検索を行う事ができる。_は任意の1文字、%は任意の0文字以上を表す。

例 2文字目がaである学生を検索する場合
select * from studenttb where stname like '_a%';

☆行の並べ替え
検索された結果を昇順、降順に並べ替えをしたいときは文末にorder byと着ける。

例 select * from marktb order by mark;

昇順に並べたい場合はorder by 列名 
降順に並べたい場合はorder by 列名 desc;

page top
SQL GW前までの授業内容1
☆データベースへのアクセス方法
ssh2等のツールを起動
接続先172.16.1.4 学校外からはakae.tomicom.ac.jp
IDとパスをいれて接続したら「psql データベース名」といれてエンジョイプレー

☆select文
データベースを見る方法。
例 select * from テーブル名;
文末にはしっかり;をつける。

☆where文
select文の後にwhere 検索条件とする事で条件に合ったものだけ選び出す事ができる。

例 select * from marktb where mark<=50;

文字を検索条件にするときは''で囲まないといけない

例 select stname from studenttb where stname='Kobayashi';



© EYES ON ME. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。